スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

LOUIS GARNEAU LGS-GMT

LOUIS GARNEAU LGS-GMT

条件

旅で使用する自転車が欲しかったので、下記の条件を満たす物を探しました。

  1. すぐに旅に出られるような自転車であること。

結果

LOUIS GARNEAU LGS-GMT』を選択しました。

選択時の候補

上記の内、『SURLY LONG HAUL TRUCKER』は価格面で断念しました(候補の中で唯一のクロモリフレームということで気にはなりましたが)。
残りは価格面では手が出そうだったので、個々に比較することにしました。

選択時の比較

『Giant GREAT JOURNEY 1』と『Giant GREAT JOURNEY 2』の比較

まずは共通点が多い商品から順に比較しようと思い、同じ『Giant GREAT JOURNEY』を名乗る『Giant GREAT JOURNEY 1』と『Giant GREAT JOURNEY 2』を比較した所、 定価で10,500円(税込)『Giant GREAT JOURNEY 1』の方が高く、パッと見の差は下記でした(なお個々の部品の差が分かるほど自転車に詳しくありません)。

メーカー名・ブランド名・商品名など 主な差異
Giant GREAT JOURNEY 1 ドロップハンドル
Giant GREAT JOURNEY 2 フラットハンドル

ドロップハンドルに10,500円払いたいかというと選ぶことができず、引き分けという名の保留にしました。

『Giant GREAT JOURNEY 1』と『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』の比較

次にドロップハンドルの『Giant GREAT JOURNEY 1』と『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』を比較した所、 定価で17,850円(税込)『Giant GREAT JOURNEY 1』の方が高く、パッと見の差は下記でした。

メーカー名・ブランド名・商品名など 主な差異
Giant GREAT JOURNEY 1 サイドバックが4つ付属
LOUIS GARNEAU LGS-GMT サイドバックなし

『Giant GREAT JOURNEY 1』のサイドバックに17,850円払いたいとは思わなかったので、この時点で『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』>『Giant GREAT JOURNEY 1』となりました。

『Giant GREAT JOURNEY 2』と『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』の比較

最後に『Giant GREAT JOURNEY 2』と『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』を比較した所、 定価で7,350円(税込)『Giant GREAT JOURNEY 2』の方が高く、パッと見の差は下記でした。

メーカー名・ブランド名・商品名など 主な差異
Giant GREAT JOURNEY 2 フラットハンドル、サイドバックが4つ付属
LOUIS GARNEAU LGS-GMT ドロップハンドル、サイドバックなし

比較すべき項目が増えたことで選ぶことができず、引き分けという名の保留にしました。

以上の比較結果から『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』>『Giant GREAT JOURNEY 1』=『Giant GREAT JOURNEY 2』という式が成り立つこともあれば、 『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』=『Giant GREAT JOURNEY 2』=『Giant GREAT JOURNEY 1』という式が成り立つこともあるという矛盾した状態になってしまいましたが、 すぐに判断できた『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』>『Giant GREAT JOURNEY 1』を元に選択しました。

価格の比較方法

定価ではなく市場価格で比較するべきだと思います。
ただ『Giant GREAT JOURNEY』は対面販売のみで市場価格が分からなかったため定価で比較しました(どうも近所のサイクルベースあさひで取り寄せると税込価格ではなく税抜価格での販売(約5%の割引)になりそうな感触だったのに対し、オンラインショップで購入できる『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』は約10%の割引が見込まれ、市場価格で比較すると、より『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』が魅力があるように思えました)。

補足

すぐに旅に出れるような自転車の候補が『Giant GREAT JOURNEY 2』と『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』しか見つからなければ、『Giant GREAT JOURNEY 2』を購入(フラットハンドルでも旅はできるだろうし、サイドバックは必要で7,350円で購入できるのなら良いかもと判断)した可能性は大いにあります。

ちなみに上記の比較をしている時、Dan Ariely『予想どおりに不合理』の下記の話を思い出しました。

選択肢Aは特性1(仮に品質としよう)で優れていて、選択肢Bは特性2(仮に美観とする)で優れている。このふたつの選択肢はどう見ても大きく異なっていて、どちらかを選ぶのは簡単ではない。では、ここでべつの選択肢、A'を加えたらどうなるだろう。この選択肢は明らかに選択肢Aより劣っているが、同時にAとよく似ていて、比較を簡単にしてくれる。そのうえ、AがA'より優れているだけでなく、Bより優れているような気にもさせてくれる。つまり、おとりであるA'を加えることで、Aとの単純な相対比較ができるようになり、おかげで、AがA'に対してだけでなく、ひいては全体のなかでも優れているように見えることになる。そのため、A'を選択肢に含めると、たとえだれもそれを選ばなくても、人々が最終的にAを選ぶ確率が高くなる。

上記引用を今回の比較に置き換えると、Aは『Giant GREAT JOURNEY 1』、Bは『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』、A'は『Giant GREAT JOURNEY 2』になり、Aの『Giant GREAT JOURNEY 1』を選択することになる確率が高くなるように解釈できます。
確かにこの中では唯一ドロップハンドルもサイドバックも備えているため、価格を考慮に入れなければ『Giant GREAT JOURNEY 1』を選択したと思いますが、上記の引用では言及されていない価格を考慮にいれ、Bの『LOUIS GARNEAU LGS-GMT』を選択しました。
もっとも、この選択もまた予想どおりに不合理なのかもしれませんが。

選び方

オンラインショップではなく実店舗で購入したほうが好ましいと思います。
ただ日常生活圏域の自転車販売店に欲しい自転車が陳列されておらず実物を見たいと思っても購入しない限り実物を見ることができないような場合、オンラインショップで自分が欲しいと思う条件を満たす物を購入しても良いと思います。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。